世界の輸入ビールを200種類以上紹介中。ビール検索もおすすめ!

ワールドビール
  • Share

2015年 3月20日

ビールの種類

ビールのスタイルは、大きく分けて「エール(上面発酵)」と「ラガー(下面発酵)」の2つに分類されます。大きくと書いたのは、「エール」と「ラガー」以外にも「自然発酵」や「ハイブリット」といものが存在するからです。

ビールは奥が深く、様々なスタイルのビールがありますが、ここでは「エール」と「ラガー」について書くことにします。

エール(上面発酵)

エール

上面発酵は常温(18~25℃)で発酵を行う醸造法です。発酵中に酵母が浮上し、液面に酵母の層ができることから上面発酵と呼ばれます。

上面発酵で作られるビールは豊かな味わいと香りが特徴なので、じっくりと味わって飲むのがオススメです。歴史的には下面発酵のビールより古いビールです。

例としては、ケルシュ・アルト・ヴァイツェン・黒ビール・ペールエール・スタウトなどがあげられます。


ラガー(下面発酵)

エール

下面発酵は低温(6~15℃)で発酵を行う醸造法です。発酵後に酵母が底に沈殿することから下面発酵と呼ばれます。

下面発酵で作られるビールは長期間熟成が行われ、爽快で飲みやすいことが特徴のビールです。

例としては、日本の一般的なビール・アメリカのビール・ピルスナーなどがあげられます。


飲み比べ

日本で製造・販売されているものはほとんとがラガーです。最近ではスタウトなどのエールも少しずつ王手メーカーから発売されていますが、まだまだ種類は少ないです。

いろんな種類のラガーやエールを試してみたいという人は、飲み比べセットがオススメです。気になる人は試してみて下さい。

この記事も読まれています

スポンサーリンク

輸入ビール検索・サイト検索

ビール名の検索もここから!