世界の輸入ビールを200種類以上紹介中。ビール検索もおすすめ!

ワールドビール
  • Share

2016年 2月29日

二日酔いの原因と対策<飲む前の二日酔い対策方法>

二日酔いの原因

二日酔いにはどうしてなるのか?

摂取したアルコールを肝臓で分解していることはご存じの方が多いでしょう。

正確には、アルコールはアルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに分解されます。

その後、アセトアルデヒドが酢酸→水・炭酸ガスと変わっていくのです。

しかし、摂取したアルコール量がその人の肝臓のアルコール分解能力をオーバーすると、アセトアルデヒドが体内に残ったままになり、二日酔いになるのです。

つまり、アセトアルデヒドを体内に残さなければ二日酔いになりません。

もちろん、自分の肝臓のアルコール分解能力を超えずにお酒を楽しむことが一番の予防方法です。

しかし、時には飲み過ぎてしまったり、飲み会が続いてしまうこともあります。

そんな時は、アセトアルデヒドの分解を助けてくれる食べ物を摂取するようにしましょう。

「アセトアルデヒドの分解を助けてくれる食べ物を摂取」といっても、飲む前、飲んでいる時、飲み終わった後のように、場面によって効果を発揮するものが違います。

今回は飲む前にオススメの二日酔い予防方法をご紹介します

飲む前の二日酔い予防方法

脱水防止

二日酔いの予防に効く水分

まずは、事前に水分を取っておきましょう。水でもOKですが、味噌汁などで塩分も一緒に取っておくと脱水防止に役立ちます。

肝機能強化

ブロッコリー、カリフラワーなどのアブラナ科の野菜を事前に食べておくと肝機能強化ができます。

アセトアルデヒドの分解促進

アセトアルデヒドの分解を促進する成分としては、グルタミン・オルニチン・セサミンなどの成分があります。

グルタミンは、しじみ、はまぐり、あさり

オルニチンは、ゴマ、ナッツ、鶏の胸肉

セサミンは、ゴマに多く含まれます。

事前にこれらを摂取すると、二日酔いになりにくいといわれています。

しかし、これらの食品についてはお酒を飲む前に摂取するのがなかなか難しい場合が多いです。

現状は、 しじみのサプリ などを飲む前に摂取するのが一番いい対処法となりそうです。

アルコールの代謝促進

アルコールの代謝促進してくれる成分にはクルクミンがあります。

クルクミンは肝臓の機能回復や肝臓のデトックス効果を高める働き、胆汁の分泌を促す働きがあり二日酔いを予防します。

クルクミンを含むのはウコンだけです。

二日酔いの予防に効くウコン

最近様々な味で発売されているウコンドリンクが飲む前に効果的なのは、アルコールの代謝を促進してくれるからなんです。

しかし、ウコンに含まれるクルクミンは体に吸収されにくい成分です。

そのため、クルクミンの効果をより大きく発揮するウコン クルクミンを多く含む琉球ウコン なども発売されていて、オススメです。


効果の高いウコンを探してみる

アルコールの吸収予防

アルコールの吸収予防に効果があるのは脂肪です。

脂肪は胃の中ではほとんど消化・吸収されず、その下の十二指腸ではじめて消化され始ます。

また、吸収に長い時間を要する成分なのです。

その結果、脂肪を摂取後にアルコールを摂取しても、アルコールを胃で吸収する量が減少し、腸での吸収速度もゆっくりにしてくれるので、急激な酔いや二日酔いを防止する効果に優れています。

二日酔いの予防に効く脂肪

オリーブオイルなどをスプーン1杯分飲んでからアルコールを摂取するようにしましょう。

「油をそのまま飲む」ことに抵抗がある人は「食べるオリーブオイル」などもありますので、試してみてください。

食べるオリーブオイルをAmazonで探してみる

食べるオリーブオイルをRakutenで探してみる


全てやろうとすると、味噌汁飲んで、しじみのサプリ 飲んで、ウコン 飲んで、ブロッコリー食べて、オリーブオイル を飲んでからお酒を飲めばいいわけです。

さすがに全部は難しいでしょうか・・・。

次回は、飲んでいる時の二日酔い予防方法について記載します。

この記事も読まれています

スポンサーリンク

輸入ビール検索・サイト検索

ビール名の検索もここから!